<< テオドール・ジェリコーの「メデゥーズ号の筏」 | main | ジョシャ・レノルズの「ウェヌスの帯を解くクピド」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
アンリ・マティスの「赤い部屋(赤のハーモニー)」
ちょうど開催中の<大エルミタージュ美術館展>(4月25日〜7月 16日、国立新美術館)で来日している、アンリ・マティスの「赤い部屋(赤のハーモニー)を取り上げてみました。



アンリ・マティス作 「赤い部屋(赤のハーモニー)」1908/サンクトぺテルブルク・エルミタージュ美術館


20世紀現代美術の巨匠、アンリ・マティスの代表作「赤い部屋(赤のハーモニー)」です。画面の大部分を占める赤い色が印象的です。比較的大きい(180×220僉忘酩覆任垢里如眼に飛び込んでくる赤い色面に圧倒されます。1908年のアンデパンダン展では“食堂のための装飾的パネル”というタイトルで出品されていたそうです。

絵画の主題として何かがあるわけでなく、全体に装飾的なモチーフが点在する画面構成で、タイトルどおりに赤に圧倒される絵です。壁紙とクロスには花籠と蔓草の装飾模様が大きく扱われ、果物皿を手に取るメイド、ワイン瓶や花瓶、数個の果物、2脚の椅子が配置され、開放された窓からは、木々や草地、家屋といった外の風景を見ることができます。

真っ赤なテーブルクロスと壁紙に大きな装飾模様が同じ平面のように続き、全体が赤い装飾的パネルになっていますが、メイドや椅子、窓からの光景、卓上の小物などの具体物が柔らかく情感豊かに描かれ、穏やかな空気とゆったりした時間を感じさせます。当初の強烈な赤の印象から次第に、マティス独特の絵画世界に引き込まれてしまいます。

今回の大エルミタージュ美術館展で、この絵が描かれた当初は“青のハーモニー”として青色や緑色が主体に描かれたにもかかわらず、マティスは一夜にして緑や青の色を赤い絵の具で塗りつぶし、“赤のハーモニー”に変更したことを、実は初めて知りました。展示会場では額縁を大きくして、赤い絵の具からはみでている緑色の部分が、確かに判定できるようにしてありました。そう言われてみると、赤い色も、明るい赤ではなく、ところどころ暗い赤に見えるところがあります。

日本テレビ制作番組の「奇跡の美術館エルミタージュ〜2枚のダ・ヴィンチと巨匠が残した暗号(メッセージ)」(5月1日放送)に、ロシアの大富豪で美術コレクターのセルゲイ・シチューキンがマティスの“青のハーモニー”の購入を決めたところ、届いた絵は赤く塗りかえられ“赤のハーモニー”になっていたというエピソードが紹介されていました。

“青のハーモニー”のままでも、マティスのことですから十分に傑作に値する作品だったと思われますが、なぜ赤く塗りかえられたのか、それには美談めいた裏話がありました。当時身内の不幸に遭遇し落ち込んでいたシチューキンを励ますために、癒しだけでなく気分を昂揚させ元気を出してもらいたいと、マティスが赤い色に塗り直したいうことです。

マティスの描き直しが、そのようなきっかけで始まったのかもしれませんが、そこはマティス、大部分を赤で埋めるという創作上の冒険に挑戦したのではないでしょうか。実際にシチューキンを元気づけたかどうかは判りませんが、その挑戦は成功し、この刺激的な作品に結実することになります。今ではエルミタージュ美術館所蔵の20世紀美術を、代表する傑作として知られているのですから。




アンリ・マティス(Henri Matisseは、1869年にフランスの最北部ノール県に商人の子として生まれ、1954年にニースで亡くなっています。享年84歳でした。パリで法律を学んでいましたが、1890年、盲腸炎で入院している間に絵画に興味を抱き、ルオーとともにギュスターヴ・モローの指導を受けることになります。1895年、エコール・デ・ボザール(国立美術院)に入学。1905年、アンデパンダン展に出品。ゴッホやゴーギャンらの影響を受け、大胆な色彩表現の絵画を制作し、野獣派(フォーヴィスム)運動の中心活動家とみなされます。その後、キュビスム(立体派)を提唱したピカソと知り合いますが、二人はそれぞれ色彩の革命と形態の革命のリーダーとして活躍し、やがて20世紀初頭絵画の2大巨頭と目されるようになります。













カテゴリ:20世紀芸術 | 00:24 | comments(2) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 00:24 | - | -
コメント

はじめまして、こちらを時々拝見させていただいております。

上記のブログで【芸術の20世紀 喪失宣言】というのを始めました。

興味をお持ちいただけそうな方にコメントを入れさせていただいております。

こちらへの投稿は筋違いかとも思いますがお許しください。

お読みいただければ光栄です。



| 本当の「20世紀」 | 2014/03/30 11:04 PM |
「大エルミタージュ美術館展」には私も行きましたので
「マチスの赤」がすぐに脳裏に浮かび
 興味を持ってコメントを読ませて頂きました.
 ムッシューPは100枚目にどんな作品を選ばれるのでしょうか? 楽しみにしています.
| ぴよちゃん | 2012/06/29 3:40 PM |
コメントする