<< 光と闇の巨匠レンブラント | main | 画家の中の画家ベラスケス >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
肖像画の大家フランス・ハルス

フランス・ハルス作 「聖ゲオルギウス市民隊仕官たちの宴会」1616頃/ハールレム・フランス・ハルス美術館



17世紀初めの北ネーデルランド共和国(オランダ)は、南ネーデルランドから亡命してきたプロテスタントやユダヤ人たち中産階級によって経済的な繁栄を実現しました。アムステルダムとともにハールレムも富裕市民層が多く、肖像画や風俗画の需要が高まっていましたハールレムで肖像画家として名を成し始めたハルスにとって、初めてといってよい大作がこの集団肖像画です。そしてこの作品はオランダの革新的な集団肖像画として評価され、ハルスの最高傑作のひとつになっています。

当時の集団肖像画は人びとが水平に横に並ぶ構図が多く、集団記念写真といったおもむきでした。ところがこの作品では、宴会のテーブルを囲むかたちで人物が配置されています。テーブル左端を起点に、右肩あがりの山型で群像が構成され、中央上部の隊旗が斜めの線を強調しています。

この大きな山型の構図からくるダイナミックな印象と、隊員たちの変化に富んだ姿勢、いきいきとした表情が、画面全体にヴォリューム感を与えていると同時に、この作品が単に集団肖像画にとどまらず秀逸な群像絵画になりえている理由のように思います。

市の要人たちはそれぞれ軍隊組織の階級に任命されていて、絵の中でも階級による秩序は守られています。テーブルの左端の真ん中に隊長が坐り、その周りを幹部士官たちが並び、立っているのは階級の低い士官のようです。しかし全体は和気あいあいの雰囲気で描かれています。

さらにテーブルの上におかれている飲食物をはじめ窓の外の風景まで、細部にわたって行き届いた描写が施されています。オフィシャルな集団肖像画でありながら、このような気取りのない暖かい印象を受けるのは、ハルスの人に対する愛情深さと細やかな神経からくるものなのでしょうか。








フランス・ハルス作 「リュートを弾く道化師」1623頃/パリ・ルーヴル美術館



ハルスの肖像画は評判を呼び、単身の肖像画以外に、子どもたちの集団、母と子、結婚記念のカップルなどの肖像画の注文が数多くありました。しかしハルスは肖像画だけでなく、実生活上で見かける子どもたちや、役者、音楽師、よっぱらいなどを題材にした作品を多数残しています。

この作品もそのひとつで、ハルスの絵の特長がよく現れている傑作です。

リュートを弾く道化師が、リズムを取って演奏するその一瞬を写し取ったかのようなライブ感のある絵になっています。道化師のコスチュームを着たモデルが演奏のポーズをとって、絵の制作に当たったという印象がまるで感じません。それこそ本当に演奏している道化師をスケッチして、仕上げたかのようです。

ハルスの絵の特長は、登場する人物の自然な表情、とくに笑顔が多いことです。肖像画でも人物が笑顔で描がかれていることがありますが、とくにこのような単身の風俗画においては、笑い顔が多く、酔っ払って大笑いしているのさえあります。

このようなことからハルスは、“笑いの画家”ともいわれています。この作品でも道化師の陽気な笑顔が見られます。観るひとを幸せな気分にさせてくれる、楽しい作品です。








フランス・ハルス作 「ジプシー娘」1628-30/パリ・ルーヴル美術館



この作品はハルスの代表作として有名な作品です。

タイトルの“ジプシー”は後世に付けられたもので、ハルス自身が付けたわけではありません。ハルスは1620年ころから約10年間、風俗画の単身画によく取り組んでいました。前掲の作品も同様のものですが、この作品のモデルは実際のジプシー娘なのかどうか、いずれにせよ下層の庶民の娘をモデルに描いたものと思って良いでしょう。

無邪気な笑顔と、一瞬の表情、一気呵成の筆のタッチが特長です。娘は微笑みながら、視線をちょっと横にそらしています。その何気ない表情が、絵にいきいきとした生命感を与えています。粗い筆致が一瞬の印象をより強めています。

この作品に見られる素描的な画法は、後の印象主義に先駆けするものといわれています。注文作品にはこのような大胆な筆致はみられませんが、豊かな表情をとらえようとする画家の姿勢は変わりません。








フランス・ハルス作 「養老院の理事たち」1664/ハールレム・フランス・ハルス美術館


フランス・ハルス作 「養老院の女理事たち」1664/ハールレム・フランス・ハルス美術館



ハルスの最晩年の傑作です。これらのふたつの集団肖像画は一対として、元養老院で現在のフランス・ハルス美術館に掲げられています。

ふたつとも褐色の背景に黒色の衣装と白い襟飾り、色味の少ない顔で描かれていますが、これはハルスのとくに晩年になるほど多く見られる表現スタイルです。黒色にさまざまな色を混ぜて、黒の表現に多様性を持たせています。後にゴッホがこのハルスの黒の技法を称えています。

そして勢いのある筆のタッチは、襟飾りなどわずかな部分に限られ、全体に軽快な感じは影をひそめ、荘重で威厳のある雰囲気を出しています。

とくに「女理事たち」の一人ひとりの表情、それぞれに個性的な顔立ちをよく表現しています。左から会計士、理事長補佐、理事長、秘書、寮母が描かれています。中央の理事長には、知的でありながら優しそうな眼差しを感じます。ハルスは表情を的確に描くことに習熟した後、ここで対象人物の内面性、精神性をも描き出そうとしているようです。

「男理事たち」のほうは「女理事たち」に比して、どこか精神面で気迫に欠ける感じの人たちのように思えてなりません。ハルスは、とくに晩年は飾り気のない写実を心がけていたようですので、これは実物の理事たちのほうに問題があったのかもしれません。




17世紀のオランダから、ハールレムの《フランス・ハルス》、アムステルダムの《レンブラント》、デルフトの《フェルメール》の3巨匠が美術史上に輩出しました。3っつの都市は僅か70km以内に点在しています。またハルスの最初の大作の完成は1616年ころ、いちばん若いフェルメールが死んだのは1675年、僅か60年の間に多くの傑作が生まれたことになります。これはまさに美術史上の奇跡といってよいでしょう。







《ハスルの生涯》
1580年頃現ベルギー、アントワープ(アントウェルペン)に織物職人を父に生まれる。
1585年頃スペイン軍の攻撃により、オランダ、ハールレムに亡命する。
1610年ハールレムの聖ルカ組合に登録。
1616年「聖ゲオルギウス市民隊仕官たちの宴会」
1617年2度目の結婚。
1644年聖ルカ組合の理事に選任される。
1662年ハールレム市より年金を支給される。
1666年ハールレムにて死去。(享年86歳)
カテゴリ:バロック | 09:28 | comments(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 09:28 | - | -
コメント
コメントする