<< パオロ・ヴェロネーゼの「カナの婚礼」 | main | フォンテーヌブロー派の「ガブリエル・デストレとその妹」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
コレッジョの「ユピテルの愛の物語ーイオ」
 

今回は、コレッジョの「ユピテルの愛の物語ーイオ」です。画面の上半分いっぱいのどす黒い煙に、まといつかれて、うっとりとしている裸婦の絵です。いったい何が起こっているでしょうか、絵のタイトルをみても、なかなか理解できない絵です。







コレッジョ作 「ユピテルの愛の物語ーイオ」1531頃/ウィーン・美術史美術館



この作品は、イタリアのマントヴァ公、フェデリーコ2世・ゴンザーガが注文したもので、神話画の連作、「ユピテルの愛の物語」のひとつです。フェデリーコ2世は、この連作を、マントヴァ公の称号を授けてくれた神聖ローマ帝国のカール5世に献上するために、当時パルマで全盛の活躍をしていたコレッジョに発注したのでした。

ローマ神話の主神ユピテルは、ギリシャ神話ではゼウスといいますが、神々と人間の父といわれています。ユピテルは、多くの女神や人間の女性と交わり、たくさんの子をもうけました。ここでは、ユピテルの妻ユノの目を盗んで、自らを雲の姿に変えて、ユノに仕える女神官イオを誘惑する場面が描かれています。

天上から見ていたユノが、このことに気付きそうになったので、ユピテルはイオを牝牛に変えて、誤魔化そうとするのですが、ユノはその牝牛を自分のものにして、ユピテルから引き離します。話はさらに続きますが、最後にはユピテルが妻に詫びて、この浮気騒動は終わりになる話です。

この絵の第一印象は、やはり官能的な姿態と表情で描かれたイオの裸身でしょう。そして、もやもやとした巨大な黒い雲でしょうか。ルネサンス盛期の巨匠たち、特にマンテーニャやレオナルド・ダ・ヴィンチから、大きな影響を受けたコレッジョは、聖母マリアの甘美な表情や、人物の豊かな感情表現を得意としていました。その得意技は、このような神話画おいて、いっそう自由な筆さばきを見せているように思います。

物語そのものの扇情的な場面設定に加えて、黒い雲と白い女体が絡み合う描写が、官能性を大いに高揚するように構想されています。腰にまわされた腕のような雲の端先は、ユピテルの手であり、イオのうっとりした右頬には、たしかにユピテルの顔らしきものが見えます。なんと大胆で、直接的な表現でしょう。精妙な描写技術なくしては、実現不可能な絵です。

もやもやとして掴みどころのない不気味な黒雲、匂い立つような白肌の女体の陶酔した表情、真っ白い布が乱れて下に流れ落ち、いやがうえにも官能的な情感の高まりを強調しています。単純な構成でありながら、見事に神話物語の一場面を、印象的に描き出した傑作だと思います。





コレッジョ(Antonio Allegri da Correggio)は、1489年頃に北イタリアのコレッジョで生まれ、1534年に同地で亡くなっています。本名をアントニオ・アッレグリといいますが、コレッジョ出身であることから、通称コレッジョと呼ばれています。ルネサンス盛期に活躍した画家で、パルマをその活動拠点にしていました。マンテーニャやレオナルド・ダ・ヴィンチ、ヴェネチア派の画家たちから影響を受け、甘美で官能的な表現で知られた画家です。宗教画や神話画、とくに寺院の天井画の空間表現に、新境地の画風を示し、バロック様式を先駆しているといわれています。

ユピテル(Jupiter)は、ローマ神話の主神で、天空の神、雷の神、といわれ、ギリシャ神話のゼウス(Zeus)と同一視されています。多くの女神や人間の女性と交わり、アポロ(アポロン)、ディアナ(アルテミス)など、多くの神々を生ませたとされています。また兄弟神として、海神のネプトゥヌス(ポセイドン)と冥府神のプルート(ハデス)がいます。

イオ(Io)は、アルゴス王の娘で、ユピテルの妻ユノの神殿で女神官を務めていました。ユピテルとの不倫事件で、ユノの怒りをかい、牛の姿になったイオは、虻を放たれいじめられます。追い立てられて出た海をイオニア海といい、さらに逃げて、ヨーロッパとアジアの境目にある海峡を渡りますが、その海峡をボスポラス(牝牛の渡渉)海峡というようになったそうです。

ユノ(Juno)は、ローマ神話の女神で、天空の神ユピテルの妻です。ギリシャ神話のヘラ(Hera)と同一視されています。家庭の神といわれ、6月を司り、「6月の花嫁」はここから出てきているようです。






さて、連作「ユピテルの愛の物語」は、まだいくつかあります。以下に簡単に紹介しておきます。





コレッジョ作 「ユピテルの愛の物語ーガニュメデス」1531頃/ウィーン・美術史美術館


「ユピテルの愛の物語ーイオ」の対画といわれるこの作品は、ユピテルが美少年を略奪する話です。トロイア王国の王子のガニュメデスは、絶世の美少年だったため、ユピテルが目をつけて、天上での酒宴の従者にしようと、自らが鷲となって地上に舞い降り、少年をさらっていく、その一瞬を描いています。








コレッジョ作 「ユピテルの愛の物語ーダナエ」1531頃/ローマ・ボルゲーゼ美術館


この作品は、アルゴス王国の王女ダナエが、その美貌ゆえにユピテルから目をつけられ、王に青銅の塔に幽閉されているにもかかわらず、黄金の雨に変身したユピテルと交わることになるという話から採とられています。そして生まれた子が、あのメドゥーサの首を取った英雄ペルセウスです。









コレッジョ作 「ユピテルの愛の物語ーレダ」1531頃/ベルリン・国立絵画館


この作品は、白鳥に変身したユピテルが、スパルタ王ティンダリオスの妻レダを誘惑する話から採られています。このユピテルの密通によって、レダは卵を産み、その卵からヘレネが生まれます。このヘレネは、絶世の美女となり、後に「トロイアのヘレネ」と呼ばれ、トロイア戦争の原因になります。





カテゴリ:マニエリスム | 16:47 | comments(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 16:47 | - | -
コメント
コメントする