<< コレッジョの「ユピテルの愛の物語ーイオ」 | main | ブロンズィーノの「愛の勝利の寓意」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
フォンテーヌブロー派の「ガブリエル・デストレとその妹」
 
前回の作品に続き、今回も官能を刺激する作品ですが、この「ガブリエル・デストレとその妹」では、裸の二人の美女がこちらを凝視し、なにやら不自然なポーズをとっています。なんらかの意味が隠されているのでしょう。また奥の部屋にも、何か隠されたメッセージがあるようです。単なる肖像画や風俗画ではなく、なにか特別な絵のように思われる作品です。






フォンテーヌブロー派(作者不詳) 「ガブリエル・デストレとその妹」1594頃/パリ・ルーヴル美術館





この絵の作者は不明ですが、フォンテーヌブロー派の画家といわれています。フォンテーヌブロー派は、フランス・ルネサンスの画家のグループのことですが、この作品は第2次フォンテーヌブロー派の画家の作品です。

正式なタイトルは、「ガブリエル・デストレとその姉妹ヴィヤール公爵夫人とみなされる肖像」といい、右の女性がガブリエル・デストレで、時のフランス国王アンリ4世の愛妾です。姉妹といっても妹と思われるヴィヤール公爵夫人と二人で、どうやら浴槽に入っているようです。わずかに水面が見えます。当時は貴族でも入浴の習慣はなかったようで、この入浴も、美容のための特別の入浴で、この二人がハイクラスの貴婦人であることを暗示しているといわれています。





妹は、姉の右の乳首を左手の指先で、軽くつまんでいます。この可愛げで、奇妙なしぐさは、ガブリエル・デストレが国王アンリ4世の子を懐妊したことを、示唆しているといわれています。確かに1594年には、私生児のセザール・ド・ヴァンドームが生まれています。







奥の部屋では、侍女が産着を縫っています。このこともアンリ4世の子の誕生を物語っています。アンリ4世と正妻マルグリット・ド・ヴァロアとの間に子供はなく、アンリ4世はガブリエルを心から愛し、正妻との離婚をもくろんでいました。









ガブリエルは、左手指先で指輪をつまみ、こちらに見せつけるしぐさをしています。そのしぐさの真の意味は、はっきりはわかりませんが、アンリ4世との婚約、あるいは結婚を強く望むというメッセージが、込められているのでしょう。

1589年に王位に就いたアンリ4世は、長年にわたって別居していた正妻との間に子供はなく、後継者問題から結婚の無効を画策しました。愛妾であるガブリエルにはすでに3人の子供があり、アンリ4世も彼女との結婚を望んだのですが、側近たちは反対していたようです。このような時期に制作された作品とすれば、この絵の意図が、なんとなく判るような気がします。

にもかかわらず、ガブリエルは1599年4月に急死してしまいます。同じ年に、正妻との結婚の無効が認められ、アンリ4世は、あのメディチ家のマリー・ド・メディシスと再婚することになります。ガブリエルのこの絵に込められた願いは、結局かなうことはなかったわけですが、突然の急死には、多くのひとが疑念をもち、毒殺説もささやかれたそうです。




さて、この作品の印象的なところは、もちろん二人の美女が裸で、迫力をもって前面に出されているところですが、そこには作者の意図的な演出を感じます。上部から垂れ下がって、左右に分かたれた緋色の幕と、浴槽を覆っている薄布が、リアルに描かれ、奥の暗い色調と呼応することで、光り輝く二人の裸体をさらに浮き立たせています。

確かに、この作品を前に立つと、前面の二人が画面から飛び出しているような錯覚にとらわれます。これはトロンプ・ルイユ(騙し絵)とよばれる絵画技法です。単なる肖像画以上の表現をめざした作者の意図を感じます。制作された時期に作者が、どのような人に向けて、その意図をアピールしたのかは判然としませんが、現代においては多くの人びとが、強いインパクトをもって、二人の貴婦人の美しい裸体や謎めいたしぐさなどを、十分に鑑賞できる傑作として評価されています。





フォンテーヌブロー派(École de Fontainebleau)は、フランス・ルネサンス期の画家グループの呼び名です。フランス国王フランソワ1世(1494−1547)は、パリ南西にフォンテーヌブロー宮殿を築き、イタリアからレオナルド・ダ・ヴィンチはじめ多くの芸術家たちを招き、ルネサンス芸術をフランスに導入しました。彼らは、宮廷美術を中心に、独自のマニエリスム様式芸術を展開しました。その後一時的に衰退しましたが、1590年代にアンリ4世が復興させ、第2次フォンテーヌブロー派とよばれるグループが、再び盛んな芸術活動を興しました。装飾性をさらに洗練させた様式に発展させ、後のフランス・ロココ様式のもとになっていきました。

アンリ4世Henri IV de France 1553ー1610)は、ブルボン朝初代のフランス国王で、フランソワ1世とともに、フランス国民の間で最も人気のある国王です。大アンリ(le Grand)とも良王アンリ(le bon roi Henri)とも呼ばれています。ナント勅令を発布して、カトリック教徒とプロテスタントとの融和をはかり、フランス国内を統一しました。そのことが、国の安定と国力の増進につながり、17世紀フランスの大国時代に発展することになったといわれています。ルーヴル宮を大改装して、芸術家たちを住まわせて、大いに芸術振興の政策をとったことでも有名です。





カテゴリ:古典主義 | 13:58 | comments(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 13:58 | - | -
コメント
コメントする