<< グスタフ・クリムトの「接吻」 | main | オーブリー・ビアズリーの「サロメ」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
ポール・ゴーギャンの「タヒチの女たち」
 
今回は、近代絵画のリーダーの一人、ポール・ゴーギャンの代表作「タヒチの女たち」です。印象派絵画の後に続く名画として、私たちにとって親しみ深い絵のひとつです。




ポール・ゴーギャン作 「タヒチの女たち」1891/パリ・オルセー美術館



タヒチの二人の女性が、画面いっぱいに大きく描かれています。左側の、眼を伏せて横すわりしている女性は、砂地に手をつき、太陽の日差しを浴びて、物憂げな様子です。右側の女性は、こちらに身体を向けて、乾草のようなもので紐かなにかを編んでます。胡坐をかき、視線を右外に向けています。手前の砂地には、花飾りやマッチ箱のようなものがあり、渦巻きを描いた跡が認められます。遠くには、碧い海と浅瀬の緑の海、その間には白波が見えます。

色彩は、赤やピンク色、黄土色が支配的で、いかにも南洋の温暖な気候、のどかな情景を感じさせます。色調の細かい変化を抑えた平面的な筆づかいで、画面内の遠近感、二人の女性の圧倒的な量感を表現しています。寒色系の海が画面の奥行きを出しています。そして左右の女性の対照的な対比、身体の向きやしぐさ、表情、衣服の対比によって、さらに立体感を出しています。南洋の楽園、タヒチの光景が目の前にいっぱい展開された、印象的な絵です。

この作品は、ゴーギャンが世紀末の様相に我慢できなくなり、南洋の孤島に理想郷を求めて渡航した年、1891年に制作されました。写実主義のひとつの帰結ともいえる印象派絵画に抗して、画家の主観と絵の主題、そして自然の外観を結びつけて統合的に表現するという、いわゆる総合主義(サンテティスム)を唱えたゴーギャンは、ここタヒチで、精神的に解放された造形表現を、ぞんぶんに勝ち得たといえます。

ゴーギャンは、1891年の4月にタヒチに渡り、この「タヒチの女たち」をはじめ数々の名作を描き、1893年にパリに戻ります。神秘の孤島タヒチの風物、神話、とくに女性を題材にした作品を多く残しました。にもかかわらず、作品は成功をもたらさず、家族との関係もうまくいかず、再び1895年にタヒチへ渡りますが、貧困と病苦と絶望の中、作品はますます神秘性を増し、1903年に病死することになります。







ポール・ゴーギャン作 「我々はどこから来たのか 我々は何者か 我々はどこに行くのか」1897/ボストン・ボストン美術館


ゴーギャンが、再度タヒチに滞在したときの作品です。139.1×374.6cmの大作です。作品の完成後にゴーギャンは、自殺を図り未遂に終わったものの、この作品が彼の遺作と解釈されています。どのような宗教的、哲学的な意味をもつのか、この謎めいたタイトルは、画面の左上にフランス語で《 D'où Venons Nous / Que Sommes Nous / Où Allons Nous 》と記入されています。 
  
タイトルの意味はともかく、画面右から左へ、人の一生が描かれているといわれています。人間の生のさまざまな場面が、それぞれに象徴的な画像、人物像で表現されています。「タヒチの女たち」が、地上の最後の楽園を、ある意味で無邪気に描き出した作品であるのに対して、このゴーギャンの集大成ともいうべき大作では、画家の精神、人生の苦悩が色濃く反映されているように感じます。なお本作は、2009年7月から9月にかけて東京国立近代美術館にて、本邦初公開されました。

この大作「我々は・・・」は、象徴主義画家あるいは総合主義画家ゴーギャンの最高傑作といわれています。が、筆者にとっては、「タヒチの女たち」のほうが、未知の楽園への憧憬とともに印象が深く、心に残っている作品です。皆さんも、それぞれに想いの強い作品があろうかと思います。いかがでしょう。





ウジェーヌ・アンリ・ポール・ゴーギャン(Eugène Henri Paul Gauguin)は、1848年6月7日にパリで生まれ、1903年5月8日に、仏領ポリネシア、マルキーズ諸島のヒバオア島で急死しています。生まれてまもなく、南米ペルーのリマに渡り、1855年に帰国し、神学校に通い、1865年に航海士として、1868年からは海軍に在籍し世界各地を訪れています。その後、株式の仲買人をしながら、日曜画家として印象派展に出品しています。1886年からは、ブルターニュ地方のポン=タヴェンで、画家仲間とともに制作しました。ポン=タヴェン派と呼ばれたそのグループは、クロワゾニスムという輪郭線で画面を構成する画法が特徴でした。南仏アルルでのゴッホとの共同生活が破綻した後、地上の楽園を求めて、仏領タヒチに渡り、数々の名作を残します。1893年に一旦帰国しますが、1895年に再びタヒチに戻り、フランスに帰国することなく亡くなりました。


総合主義(サンテティスム Synthétisme)は、19世紀末に、ゴーギャンたち象徴主義の画家たちが提唱し、実践された絵画様式をいいます。色彩の分割という印象主義に対して、画家の主観と自然の外観を、明快な造形表現で統合しようとする理論で、平坦な色面を太い輪郭線で囲む、クロワゾニスムといわれる手法が多く採られました。


クロワゾニスム(Cloisonnisme)は、暗い輪郭線で色面を囲い込み、くっきりとしたフォルムを形づくる絵画様式をいいます。エミール・ベルナールやゴーギャンが実践し、輪郭線を描かずに色彩の分割で形態を描き出そうとする印象派の技法と対峙しました。明確な形態と色面による画面構成は、20世紀の抽象画おける、ひとつの様式として発展していくことになりました。










カテゴリ:印象派 | 23:38 | comments(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 23:38 | - | -
コメント
コメントする