<< ヨハネス・フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」 | main | レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」 >>
スポンサーサイト

一定期間更新がないため広告を表示しています

カテゴリ:- | | - | -
ジャン=バティスト・カミーユ・コローの「真珠の女」

フェルメールの「真珠の耳飾りの少女」に続いて、今回はジャン=バティスト・カミーユ・コローの「真珠の女」です。19世紀の風景画家として名高いコローの数少ない人物画の傑作です。





ジャン=バティスト・カミーユ・コロー作 「真珠の女」1868-70/パリ・ルーヴル美術館



この「真珠の女」でまず目を引くのは、少女のポーズです。この作品より360年前の、レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」のポーズそのものです。半身のポーズや組んでいる両腕の配置が、確かにそっくりです。コローは、レオナルド・ダ・ヴィンチの「モナ・リザ」を意識しながらも、自らの「モナ・リザ」を描こうとしたのではないでしょうか。柔和な微笑みをみせている成熟した女性と異なり、何かを見つめる真摯な眼差しに、少女らしい一途な思いが見て取れます

200年前のフェルメールの傑作、“北欧のモナ・リザ”と称される「真珠の耳飾りの少女」と比べてみましょう。タイトルの真珠や上半身の構図、民族風の装いなど、共通するところがありますが、印象はまったく異なります。顔の表情も一方が動きの一瞬を表わしているのに対して、この作品の少女は落ち着いた様子で、じっと遠くの何かを見つめているようです。ウルトラマリン・ブルーのターバンが大きなアクセントになっているフェルメール作品に比べ、コロー作品は、全体に地味な色調で、しっとりと沈潜した気分を醸し出しています。

両作品とも、タイトルに“真珠”とあります。フェルメール作品では、大きな真珠の耳飾りが描かれていますが、この作品では真珠はどこにも見当たりません。定説では、額のヴェールの小さい木の葉が真珠のように見えるからという見解が一般的です。しかし、少女の肌が真珠のような光沢を放っているから、“真珠の”と形容されたという説もあります。

この作品も当初は肖像画として描かれていたようで、コローの自宅の近所に住む織物商の娘、ベルト・ゴールドシュミット(16、7歳)がモデルといわれています。しかしコローはその少女像に何度も手を入れて、自らの理想の顔かたちに修正を加えています。そして死ぬまで手元において大事にしていました。レオナルド・ダ・ヴィンチも「モナ・リザ」を、手を加えながら、最後まで手元においていたそうです。ふたりとも、理想の女性を追い求めて描きつづけたのでしょう。そしてふたりとも、生涯独身だったそうですが、納得できるような気がします。




コローは、人物画より風景画の大家として知られています。19世紀の写実主義絵画から印象派絵画の流れのなかで、重要な役割を演じた画家です。コローが創出した抒情的風景画は、バルビゾン派や印象派の画家たちに大きな影響を及ぼしたとされています。



ジャン=バティスト・カミーユ・コロー作 「モルトフォンテーヌの想い出」1864/パリ・ルーヴル美術館」


この作品は、コローの最高傑作といわれています。1864年のサロンに出品され大好評を博し、当時の皇帝ナポレオン三世の命により、国家買い上げ作品となった作品です。19世紀初めから、50年以上もの長きにわたり、第一級の画家として活躍したコローですが、その半ば以降、この作品に代表されるコロー独自の詩的な、抒情的風景画を完成させていきます。

靄がかった画面の大部分を占めている、木々の濃い緑の枝葉は、ぼかし調で表わされ、微かにうごめいているかのような、静かな生気に満ちています。手前の地を覆う草々から、水面、中景の森から、遠景の陸地にいたる、左方向への開かれた空間は、右側の大木の存在との対比で、明暗とともに垂直と水平、そして奥行きを描き出しています。のどかに草木と遊ぶ少女たちが、風景のなかに包み込まれているようです。甘美でロマンチックな情景が展開されています。想い出として、記憶の奥で美化された情景なのでしょう。当時そして現代でも、多くの人を魅了するコローの風景画です。


「真珠の女」は、コローのそのような抒情的風景画に配されている、美化された空想上の少女ではないでしょうか。民族的な衣裳や頭部のヴェール、黒い瞳に黒い髪といったエキゾチックな容姿、そしてこちらをみているようで、どこか遠くを見つめているような眼差しが、そのあたりを物語っているように思います。




ジャン=バティスト・カミーユ・コロー(Jean-Baptiste Camille Corot)は、1796年にパリで、裕福な織物商の長男として生まれ、1875年にパリで死去しています。享年78歳でした。父親の意向で最初は織物問屋の見習いになりますが、画家への道をあきらめきれずに夜間の絵画学校へ通います。1822年26歳になって、やっと絵の修業を認められます。1825年から28年にかけてイタリア旅行をして、風景画家として研鑽します。パリ郊外のバルビゾンやフォンテーヌブローの森、フランス各地で制作活動をかさねます。イタリア滞在以降サロンにたびたび出品し、自然派の風景画家として注目をあびるようになり、1849年にはサロンの審査員に任命されます。このころから、森や風景にニンフたちを配した、幻想的でロマンチックな独自の様式を完成させ、1855年パリ万国博覧会では最高賞を獲得します。1867年にはレジオン・ドヌール4等勲章を授与され、名実ともに大家として晩年をすごします。フランス各地で制作を続けながら、多くの新進の家たちと交流したり、困窮している画家たちを支援したりしています。









カテゴリ:写実主義 | 09:31 | comments(0) | -
スポンサーサイト
カテゴリ:- | 09:31 | - | -
コメント
コメントする